コロナ禍でi-Constructionが2年前倒しに! 国総研、JACICも着々と対応していた

2020/09/0411:42配信

国総研内に設置される実験フィールド

こうした動向を受けて、日本建設情報総合センター(JACIC)では、


JACICクラウド


の運用を本格化し、BIM/CIMモデルの共有やWEB会議システムの提供、従来の工事・業務実績情報データベース「コリンズ・テクリス」のデータを活用した検索機能などを設けます。

コロナ禍によって、日本の国内総生産(GDP)は大きなマイナス成長になっていますが、i-ConstructionやDXに関してはむしろコロナ対策が“追い風”となって取り組みが加速している点が、興味深いですね。

  • 2
  • 2