古い建機をカンタンに遠隔操作化! ARAVが後付けキットを発売

2021/06/2213:20配信

東京大学発のスタートアップ企業、ARAV(本社:東京都文京区)と言えば、スマートフォンやパソコンで数百キロメートルも離れた場所にある重機を遠隔操作できるシステムの開発で知られています。

イエイリラボでもこれまで、バックホーの遠隔操作(2020年12月15日の記事)やキャリアダンプの遠隔操作(2021年2月10日の記事)などで、その“お手軽さ”を紹介してきました。

従来の無人化施工は、危険な場所での作業を安全に行うことが目的でしたが、ARAVの場合は「重機オペレーターのテレワーク」を目的としているのが特徴です。そのため、操作はインターネット回線を通じて行います。


バックホーの遠隔操作(以下の写真:ARAV)

キャリアダンプの遠隔操作

オペレーターが使う専用コントローラーの例。まさにゲーム感覚だ

  • 1
  • 3