ヒューマンタッチ総研が建設技術者の転職活動への影響で独自アンケート

2020/04/3011:30配信

新型コロナウイルスの感染拡大で 3 割超に影響、転職意欲低下の声も

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、人材紹介事業を行うヒューマンタッチ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:髙本和幸、以下「ヒューマンタッチ」)が運営するヒューマンタッチ総研は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、建設技術者の転職活動に与えた影響について、緊急アンケート調査を実施しました。


【本件のポイント】

・3 割超が新型コロナウイルスの感染拡大が転職活動に影響を与えたと回答

・建設技術者からは「転職意欲が低下」、「転職活動を中止」の動きも存在

・「面接が中止(延期)」、「希望企業が採用を中止」といった企業側に起因する影響も


新型コロナウイルス感染拡大に伴い、経済活動が低迷し景気が一気に悪化することが懸念されています。今回は、ヒューマンタッチ株式会社に登録している建設技術者を対象に、今月上旬に実施した「新型コロナウイルスの感染拡大に関する転 職活動意識調査」から、新型コロナウイルス感染拡大が建設技術者の転職活動に与えた影響についてレポートします。

  • 3 割超が新型コロナウイルスの感染拡大が転職活動に影響を与えたと回答

「新型コロナウイルスの感染拡大が転職活動に影響を与えたか」という質問に対して、「影響を与えた」と回答した人の比率は 30.6%であり、3 割超の人が転職活動に何らかの影響を受けていることが分かりました(図表①)。

  • 大手企業で働く建設技術者のほうが影響を受けた人が多い

建設技術者が現在働いている企業規模別にみると、従業員数 100 人未満では「影響を与えた」が23.7%であるが、500 人~999 人では 35.5%、1,000 人~2,999 人では 37.5%、3,000 人以上では 36.1%となり、企業規模が大きいところで働いているほうが、より影響を受けています(図表②)。

  • 1
  • 2

最終更新:2020/04/3011:30

ヒューマンタッチ総研

関連タグニュース