重要な
お知らせ

  • 【お詫び】お客様情報誤表示のお詫び詳細

新たな“建機ロボ”が登場!大成建設がクローラーダンプの自動化に成功

2019/12/1112:48配信

今後、数十年にわたって続く日本の生産年齢人口の減少に対応するためには、これまでのように人に頼った建設業では立ち行かなくなりそうです。

ではどうするか? 答えはロボットにできる作業はロボットに、AI(人工知能)でできる作業はAIに任せ、人間は人間しかできない作業に集中するという、人間と機械の協働体制を構築していくしかありません。

こうした背景を受けて、大成建設とクローラーダンプメーカーの諸岡(本社:茨城県龍ケ崎市)は、画期的なマシン「T-iROBO Crawler Carrier」を開発しました。

「クルクルキャリアシリーズ」と呼ばれる諸岡の360°全旋回クローラダンプ「MST-2200VDR」(最大積載量11トン)を

ナ、ナ、ナ、ナント、

自動運転クローラーダンプ

に進化させてしまったのです。(大成建設のプレスリリースはこちら

自動運転クローラーダンプの運転試験。左側の油圧ショベルはオペレーターが乗っているが、右側のクローラーダンプは自動運転する(特記以外の写真:大成建設、諸岡)

この自動運転クローラーダンプは、土砂を指定されたルートで運搬し、排土したあと、再度積み込み場所に戻る一連の運搬作業をすべて自動的に行うことができます。

走行ルートは出発点と到着点、走行経路を座標で入力するほか、一度、人間が乗って友人走行する「ティーチング」操作によって覚え込ませることができます。

両社が実際の造成現場で行った検証試験では、長さ200mの走行路を平均時速5kmで1時間当たり7~8回、合計約40m3の土砂を運搬することができました。

安全面もしっかり考慮されています。クローラーダンプにはカメラやセンサーが搭載されており、AIによる画像処理技術によって人を認識し、距離に応じて減速や緊急停止を行います。そして人が見えなくなると5秒後に、自動運転を再開します。

また、走行路内に障害物があった場合は、自動的に迂回(うかい)したり、停止したりすることができます。

試験では走行路に人形を設置して減速や緊急停止ができることや、迂回・停止の機能も確認しました。

なお、人体検知システムや自動走行システムは、パナソニック アドバンスストテクノロジー(本社:大阪府門真市)のモビリティー技術を活用しています。

リアルな作業員型人形を使用した人体検知システムの試験

人との距離によって減速や緊急停止が行えることも確認した

このほか、運搬作業や安全性に関する様々な情報を

5G回線で送受信

することもできるようになっています。

5Gとは、2020年から本格的なサービスが開始される予定の「第5世代通信システム」のことです。大量の情報を高速、低遅延、多接続によって通信することができるもので、建設現場でも様々な用途に活用できます。

検証試験では、可搬型の5G設備を用いた自動運転も行い、その性能を確認しました。

大成建設ではキャタピラージャパンと提携して、巨岩を自動的に小割りする「T-iROBO Breaker」や、バックホーとダンプトラックを連携させて土砂をダンプトラックに積み込む作業の自動化などにも取り組んでいます。


バックホーによる掘削・積み込み作業の自動化(写真:キャタピラージャパン)

これらの自動運転が行える建機は、形こそ建機ですが、実質的には“建機型のロボット”と言っても過言ではありませんね。

最終更新:2019/12/1116:47

株式会社イエイリ・ラボ

関連タグニュース