BIMが20回も登場!「鹿島統合報告書2019」に見る近未来の建設業

2019/08/0810:02配信

鹿島は昨日(2019年8月7日)、恒例の「鹿島統合報告書2019」を発行し、無料で一般公開を始めました。

昨年まで毎年発行されてきた「コーポレートレポート」に含まれていた経営戦略や財務情報などに加え、今回は「マテリアリティ」とよばれる7つの重要課題を特定し、開示するなどさらなる充実を図ったものです。



鹿島統合報告書2019

「鹿島統合報告書2019」の表紙(以下の資料:鹿島)



鹿島統合報告書2019

無料ダウンロードサイト



鹿島統合報告書2019

7つのマテリアリティ(重要課題)



イエイリラボとしては、この報告書の中でICT(情報通信技術)がいったい、どの程度の重要性で扱われているのかを確かめるため、建設ICTの象徴的なワードである「BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)」という言葉が何回に登場するのかを確かめてみました。

その結果、

ナ、ナ、ナ、ナント、

20回も「BIM」が登場

していることが明らかになったのです。



PDF編集ソフト「いきなりPDF」で「BIM」という言葉を検索した結果

PDF編集ソフト「いきなりPDF」で「BIM」という言葉を検索した結果



いったい、どんなところに「BIM」が登場していたのかをまとめてみました。

まずは「社長メッセージ」のコーナーにある押味至一代表取締役社長の「中核事業の更なる強化とグループ収益力の拡大」という部分に登場するのは「BIM・CIMの技術を基軸に建設事業と開発事業、国内関係会社、海外関係会社が連携」(12ページ)という部分です。

BIMを様々な事業をとりまとめる機能として活用するという考え方は、経営者らしいですね。

また、押味社長は社外取締役である古川洽次氏との対談でも、工事の受注段階で行う「フロントローディング」を行ううえで「BIM化・CIM化を推進していきます」(22ページ)と語っています。



社長メッセージ

「社長メッセージ」のコーナー



対談コーナー

社外取締役の古川古川洽次氏との対談コーナー



一番、BIMという言葉が集中して登場するのは、やはり代表取締役 副社長執行役員 建築管理本部長の小泉博義氏による事業戦略の「ICT活用による生産性向上」(39ページ)の部分です。

ここでは「BIMデータとAIの融合」、「資機材管理へのBIM活用」、「施工段階によるBIM活用強化」、「BIM技能の認定制度」など9行中に6回も「BIM」が登場します。



ICTによる生産性向上

代表取締役 副社長執行役員 建築管理本部長の小泉博義氏による「ICTによる生産性向上」●



このほか、「中期経営計画におけるR&Dの戦略」(50ページ)では、「生産性の飛躍的向上 人と機械の協働」の部分では、「機械・ロボット・ICT活用による省人化・自動化」とともに「BIM・CIM活用による技術開発推進」が上げられています。



中期経営計画におけるR&Dの戦略

「中期経営計画におけるR&Dの戦略」の筆頭に登場するBIM

  • 1
  • 2

最終更新:2019/08/0810:48

株式会社イエイリ・ラボ

関連タグニュース