いすゞ、小型トラック「エルフ」を改良し、発売 -国内小型トラック初の交差点警報を搭載、先進安全装備を拡充し、安全性能を向上-

2021/03/0316:54配信

2021年3月3日 


 いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下「いすゞ」)は、さらなる安全性能の向上を図った小型トラック「エルフ」を本日より全国一斉に販売いたします。

 今回の改良では、直線路走行中に横断歩行者と接触する事故に次いで多発している、交差点右左折時における事故抑制のため、国内小型トラック初※1となる交差点警報※2を採用しました。さらに、事故の約6割を占める、夜間の横断歩行者との接触事故を抑制するためヘッドランプをLED化し、夜間走行時の視認性を向上させました。 

 また、高度OBD※3、後写鏡、後部突入防止装置等の各種規制強化への対応も実施しております。
 いすゞはドライバーの視界を補助する次世代の安全装備を拡充し、トラックによる重大事故ゼロを目指します。

※1:いすゞ調べ。

※2:標準キャブを除く。

※3:車載式故障診断装置(On-Board Diagnostics)

主な特長は以下の通りです。

【先進安全装備の拡充】
・プリクラッシュブレーキの全車標準装備
2021年11月の各種安全装置の装着義務化に伴い、プリクラッシュブレーキの装備展開を拡大し、全車標準装備としました。
ステレオカメラの採用により、歩行者や自転車等の前方検知に優れています。
・交差点警報
小型トラックの事故分析結果に基づき、交差点右左折時や出会い頭の事故抑制のため、広角の近距離ミリ波レーダーをキャブ前面2カ所に設置し、交差点右左折時の横断歩行者や自転車、見通しの悪い丁字路・幹線道路沿いの駐車場発進時に側方から走行してくる自動車やバイクを検知します。衝突の危険性が高まると車内ピラーに内蔵された警告灯、および警報音でドライバーへ注意喚起します。
・LEDヘッドランプ/フォグランプ※4新規設定
ヘッドランプならびにフォグランプをLED化しました。ハイビーム/ロービームをLEDにすることで夜間や悪天候時の視認性が向上、安全運転への貢献とともに、省電力性へ配慮しました。

LEDヘッドランプ(ハイキャブ/ワイドキャブ)

LEDヘッドランプ(標準キャブ)

※4:LEDフォグランプはハイキャブ・ワイドキャブに設定。

  • 1
  • 2