重要な
お知らせ

  • BIGLEMON事務局へのお問い合わせ電話番号変更のお知らせ詳細

大成建設のBIMノウハウを集大成!Revit対応パッケージ「BooT.one」が登場

2019/07/0310:31配信

大成建設と言えば、“日本のBIM元年”と言われる2009年より前から、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)の活用に取り組んで来た企業です。


BIMの草創期から、同社の中でオートデスクのBIMソフト「Revit」を活用し、図面や建具表を作るテンプレートや、設計の際に必要となるBIMオブジェクト(ファミリ)などの社内BIM規格を地道に整備する作業の中心にいたのが、大成建設BIMソリューション室長の高取昭浩氏です。

大成建設BIMソリューション室長の高取昭浩氏

大成建設BIMソリューション室長の高取昭浩氏(以下の写真、資料:特記以外は大成建設)


例えば、日経BP社が2008年に約半年間にわたって行ったBIMの特訓講座の連載、「BIMブートキャンプ2008」では、“タカトリ参謀”として第7回に登場して指導しています。

「BIMブートキャンプ2008」のウェブサイトと、連載の第7回に“タカトリ参謀”として登場した高取氏

「BIMブートキャンプ2008」のウェブサイトと、連載の第7回に“タカトリ参謀”として登場した高取氏(右下)(資料:当時の画面キャプチャーより)



高取氏を中心とする「チーム高取」が10年以上にわたり、大成建設で蓄積してきたBIMのテンプレートやファミリ、コマンドなどのノウハウは、相当な価値です。

その貴重な知的財産がRevitユーザーなら誰でも使えるようになりました。2019年7月1日、大成建設と応用技術は、Revit対応のアドインパッケージを

ナ、ナ、ナ、ナント、



「BooT.oneブート.ワン」として発売



したのです。(大成建設のプレスリリースはこちら

「BooT.one」のカタログ。コマンドツール、テンプレート、ファミリ、活用ガイドラインの4つのカテゴリーからなるBIM規格が含まれている

「BooT.one」のカタログ。コマンドツール、テンプレート、ファミリ、活用ガイドラインの4つのカテゴリーからなるBIM規格が含まれている


BooT.one」とは、大成建設が社内で蓄積してきた「BIM規格」のノウハウを、応用技術の「to BIM」ブランドとして提供するRevit用のアドインパッケージで、コマンドツール、テンプレート、ファミリ、活用ガイドラインの4つのカテゴリーのデータが含まれています。

社内でBIMを活用するときに問題となるのが、BIMモデルの作り方や詳細度、属性情報などが個人のスキルや方法によってバラバラになってしまうことです。

「BooT.one」を使うことで、同じルールで整合性の取れたBIMモデルや図面を作成することができ、Revitによる設計業務の生産効率を高めることができるのです。

例えば、60個以上のコマンドや、約3000個の厳選されたファミリ、そして様々な図面や数量表を作成するためのテンプレート、材質を表現するマテリアルなどが含まれています。

モデリングや図面作成の効率を上げるためのコマンド群

モデリングや図面作成の効率を上げるためのコマンド群

図面やパースを作成するためのテンプレート

図面やパースを作成するためのテンプレート

図面やパースを作成するためのテンプレートの例


仕上げ表などの数量集計を行うテンプレート

仕上げ表などの数量集計を行うテンプレートの例


BIMモデルのサンプルも付属している

BIMモデルのサンプルも付属している


  • 1
  • 2

最終更新:2019/11/2018:08

株式会社イエイリ・ラボ

関連タグニュース