国内の人材市場動向数値 (建設業界編)

2020/04/2211:30配信

建設業界の転職支援と人材育成のヒューマンタッチ  4 月まとめ

ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、人材紹介事業を行うヒューマンタッチ株式会社(本社:東京都新   宿区、代表取締役:髙本和幸、以下「ヒューマンタッチ」)が運営するヒューマンタッチ総研は、最新の人材市場に関する公的 データをまとめた 『ヒューマンタッチ総研~Monthly Report  2020 年 4 月』   を発表しました。建設業に特化した人材関連の様々な情報、最新の雇用関連データもまとめています。


今月のトピックス

建設技術者の有効求人倍率が 4 年 8 カ月ぶりに前年同月を下回る

2020 年 2 月の建設技術者の有効求人倍率は前年同期比 0.13 ポイント減の6.65 倍となり、実に 4 年 8 カ月ぶりに前年同月を下回りました。有効求人倍率の前年同月比増減を長期時系列で見ると、2015 年 6 月(前年同月比 0.03 ポイント増)以降連続して前年同月を上回り、16 年 10 月、12 月には同 1.03 ポイント増と大幅な上昇になりましたが、20 年 1 月には同0.04 ポイント増と上昇幅は一気に小さくなっていました(図表①)。また、有効求人倍率の推移を見ると、19 年 12 月に過去最高の 7.50 倍に達した後、20 年 1 月は 6.86 倍、2 月は 6.65 倍と 2 カ月連続で低下しています(図表②)。年々ひっ迫してきた建設技術者の需給ギャップはここにきて踊り場を迎え、今後については、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、徐々に     緩和されていくのではないかと考えられます。

出典:図表①②ともに厚生労働省「一般職業紹介状況(職業安定業務統計)」より作成


建設業界の最新雇用関連データ(2020 年 3 月 31 日総務省・厚生労働省公表)

1.建設業の就業者数・雇用者数・新規求人数

  • 建設業の就業者数は 503 万人(前年同月比 101.4%)、雇用者数は 411 万人(同 102.8%)となり共に増加した。

出典:総務省「労働力調査」より作成

  • 公共職業安定所(ハローワーク)における新規求人数は 64,012 人(同 88.3%)と前月に続き大幅に減少した。

出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より作成

2.建設技術職の雇用動向

  • ハローワークにおける建築・土木・測量技術者(常用・除くパート)の有効求人倍率は、4 年 8 カ月ぶりに前年同月比で低下に転じ、6.65 倍(前年同月比 0.13 ポイント減)となった。
  • 有効求人数は前年同月比 95.2%、新規求人数は同 89.6%となり、ともに  2  カ月連続で前年を下回り、建設業各社の求人意欲は低下傾向であるとみられる。

出典:厚生労働省「一般職業紹介状況」より作成

  • 1
  • 2

最終更新:2020/04/2211:30

ヒューマンタッチ総研

関連タグニュース