三菱ふそう ドコマップジャパンとのデータ連携を開始

2022/03/2313:42配信

~トラック及びバスの動態管理サービスを DoCoMAP で提供~

2022 年 3 月 23 日 


・「DoCoMAP」の動態管理サービスをテレマティクス搭載済みのトラックおよびバスで提供開始 

・新たにデバイスを追加することなく、より安価で動態管理サービスが利用可能に 

・MFTBCはデータの活用と連携を通じたテレマティクスサービスの拡大を推進


三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEO:カール・デッペン、以下 MFTBC)は、株式会社ドコマップジャパン(本社:東京都港区、社長:浦嶋一裕、以下 ドコマップジャパン)と車両データの連携を開始することを発表しました。2021年5月より実施した全国のフジホールディングスグループ企業でのトライアル運用を経て、MFTBC のテレマティクスサービス「Truckonnect®(トラックコネクト)」及び「BusConnect®(バスコネクト®)」の一部機能をドコマップジャパンの動態管理ソリューション「DoCoMAP」で提供するサービスを、2022年4月より開始します。 

MFTBC はデータの活用や外部パートナー企業との連携を推進するとともに、「トラックコネクト」及び「バスコネクト」をより幅広いユーザーに活用してもらうことを目指し、「DoCoMAP」とのサービス連携に至りました。また、ドコマップジャパンもエンドユーザーに対して車両に新たなデバイスを追加する必要なく、安価で高機能な動態管理ソリューションを手軽に導入できるとして、IoT 機器の導入が進んでいない運送業界に貢献したいと取り組んでまいりました。 

「DoCoMAP」の動態管理サービスでは、新たなデバイスの追加やシステム設定が不要なため、車両位置情報管理をはじめとするリアルタイムでの車両動態管理機能をより低コストでご利用いただけるようになります。ふそうのコネクテッド車両から得られる車両位置情報と車速データをドコマップジャパンの「DoCoMAP」データベースに送信し、データを連携することで、同サービスをふそうのコネクテッド車両で利用できます。「DoCoMAP」のサービスは、既に「トラックコネクト」を搭載済みの大型・中型・小型トラック及び電気小型トラックにくわえて、「バスコネクト」を搭載済みの大型観光バス及び小型マイクロバスで提供します。

また、「DoCoMAP」の動態管理サービスを活用することで、車両稼働率の改善と空車回送率の低減にも繋がり、環境への配慮も可能になります。同時に、リアルタイムでの位置情報が確認できるため、貨物車両だけでなく旅客車両の運行スケジュール管理もできるようになります。MFTBC はテレマティクスソリューションの提供だけでなく、外部パートナー企業との連携やデータの活用をさらに推進し、お客様にとってより価値のあるテレマティクスサービスの提供を今後も進めてまいります。


■データ連携のイメージ図  

■ 主な機能 

・リアルタイム車両位置情報 

・車両の速度表示 

・13 ヶ月分の走行履歴 

・Google Maps ベースの使いやすいユーザーインターフェース 

・運行管理業務に最適な機能を豊富に搭載 

・運行記録アプリ「DoCoMAP PLUS」対応

■ 対象車種 

<トラック> 

・大型トラック 「スーパーグレート」 2017 年モデル以降 

・中型トラック 「ファイター」 2019 年モデル以降 

・小型トラック 「キャンター」 2020 年モデル以降 

・電気小型トラック 「eCanter」 

<バス> 

・大型観光バス 「エアロクィーン」「エアロエース」 2019 年モデル以降 

・小型マイクロバス 「ローザ」 2021 年モデル以降

■ 提供プラン 

ベーシックプラン:月額 1,180 円(台/税別) 

※今後プレミアムプラン等のサービスを企画予定


■ サービスに関するお問い合わせ窓口 

ドコマップジャパン・カスタマーサポート:03-6809-2105(平日 9 時〜18 時)