酒井重工業 第8回アフリカ開発会議 (TICAD8)に参加しました

2022/09/1412:30配信

2022年8月27日、28日に北アフリカの国チュニジアのチュニスで日本政府がアフリカの経済発展の為に主導する第8回アフリカ開発会議(TICAD8)が開催されました。

1993年より開催されている同会議は8回目を数え、アフリカでは第6回目に行われたケニア・ナイロビに続いて2回目の開催です。当社は第6回より積極的に参加しアフリカの脆弱な道路ネットワークを改善するロードスタビライザ工法を推奨し、ODA案件として徐々にアフリカ各国に広めてきつつあります。

「ビジネスフォーラム」にて

弊社は本体会合に合わせて開催されたサイドイベントである、チュニジア国設備・住宅省が主催する「第3回 日・アフリカ官民インフラ会議」(日本の国土交通省共催)並びに日本貿易振興機構(JETRO)が主催する「経済ビジネスフォーラム」に参加し、弊社酒井社長によりアフリカでの取り組み、並びにスタビライザ工法を紹介しました。

「第3回 日・アフリカ官民インフラ会議」にて

今後とも、弊社はスタビライザとスタビライザ工法の技術移転を通して、アフリカ諸国の国土開発、経済発展、そして人々の生活環境向上に貢献して参ります。