2020年8月 産業機械輸出契約状況

2020/10/1314:49配信

1.概 要 

本月の主要約70社の輸出契約高は、2,412億100万円、前年同月比 297.6%となった。 

プラントは3件、51億7,400万円となった(前年同月比は前年同月に案件が無かったため比率を計上できず)。 

単体は2,360億2,700万円、前年同月比291.2%となった。 

地域別構成比は、中東6 0. 5%、ア ジ ア 3 3 . 8%、北アメリカ 3.1%、ヨーロッパ1.7%、ロシア・東欧0.3%となっている。


2.機種別の動向 


(1)単体機械 

①ボイラ・原動機

中東の増加により、前年同月比275.7%となった。 

②鉱山機械

アジアの増加により、前年同月比430.9%となった。 

③化学機械 

アジア、中東の増加により、前年同月比 3009.1%【約 30 倍】となった。 

④プラスチック加工機械 

アジアの減少により、前年同月比50.8%となった。 

⑤風水力機械 

中東、ヨーロッパ、北アメリカ、アフリカ、ロシア・東欧の減少により、前年同月比85.8%となった。 

⑥運搬機械 

アジアの減少により、前年同月比48.4%となった。 

⑦変速機 

北アメリカの増加により前年同月比104.7%となった。 

⑧金属加工機械 

アジアの減少により、前年同月比8.2%となった。 

⑨冷凍機械 

アジア、ヨーロッパの減少により、前年同月比79.2%となった。 


(2)プラント 

プラントは3件、51億7,400万円となった(前年同月比は前年同月に案件が無かったため比率を計上できず)。

最終更新:2020/10/1315:02

一般社団法人 日本産業機械工業会

関連タグニュース