AIを活用して近未来の渋滞予測情報を提供 NTTデータが実証実験を実施

2019/08/1310:28配信

NTTデータは8月8日、エムティーアイが運営する交通情報総合アプリ「乗換MAPナビ」にAI(人工知能)を活用して近未来渋滞予測の実証実験を開始したと発表した。

実証実験では、Android版「乗換MAPナビ」内に無料で使用できる「渋滞予測」欄を設け、AIを活用し、30分後と60分後の高速道路渋滞予測情報を表示する。VICSによる最新の道路状況を基にした精度の高い渋滞予測情報を5分間隔で確認できるため、ユーザーは渋滞を避けたルートを選択できる。

実証実験ではAI渋滞予測情報の有効性を検証するとともに、市場ニーズを把握する。2020年度をめどに、近未来渋滞予測情報の提供範囲を一般道路まで拡大する予定。

また、天気、自動車・携帯から送られる位置情報、施設の混雑状況、人の流れ、ユーザーの行動傾向などの多角的な情報をAIで分析することで、一人一人の好み・特性に合ったサービスの提供を目指す。


《レスポンス編集部》

最終更新:2019/08/1310:41

株式会社イード

関連タグニュース